1. 千葉県の葬儀社【博全社】HOME
  2. > フラワーディレクターからの花だより
  3. > キンギョソウ(金魚草)

フラワーディレクターからの花だより

博全社のフラワーディレクターが、花をテーマにした身近に役立つ情報を月に1度お届けいたします。

2019年02月16日

キンギョソウ(金魚草)

写真1

皆さんはキンギョソウ(金魚草)という花をご存知ですか?
当社で作っている祭壇では立ちものとして扱っているものが多く、また花束にもたまに使われています。
特にこの時期は扱う頻度が高いです。

花名の由来はその名の通り、花姿が金魚の形や、金魚の口の形に似ていると言われています。
キンギョソウにはさまざまな呼び名があり、「アンテリナム」や「スナップドラゴン」という言葉があります。
花屋さんに行くと、キンギョソウの事を「スナップ」と呼んでいる方がいますが、これは「スナップドラゴン」からとった名前のようです。
この2つの言葉は「アンテリナム」はギリシャ語で「鼻に似ている」といわれ、「スナップドラゴン」は「噛みつきドラゴン」の意味で、花の形がドラゴンの口に似ていることにちなむそうです。いろいろな言葉があるんですね。

キンギョソウはオオバコ科キンギョソウ属に属している植物で、南ヨーロッパと北アフリカの地中海沿岸部を産地としています。
春の花で有名で、基本的には1年草ですが、3月~6月、9月~10月が開花時期とされています。


写真2

次にキンギョソウの花言葉をご紹介致します。
キンギョソウの花言葉は「図々しい」「騒々しい」「でしゃばり」「おせっかい」です。
可愛らしいお花なのに、なんとも微妙な花言葉ですね。
なぜこの花言葉がついたのか、それは花を左右につまむと金魚のように口をパクパクさせて、話しをしているように見えると言われています。

今回のアレンジは、バラとスイートピーを使って可愛らしい春のイメージを取り入れたものにしてみました。
いかがでしょうか?

故人様への想いを込めて1つ1つ丁寧におつくりします

0120-444-999 葬儀相談窓口 24時間365日 専門相談員が対応しますお急ぎの方へ 万が一の時の対処

契約企業・団体様向け割引のご案内


24時間365日対応

資料請求・お問合せ