1. 千葉県の葬儀社【博全社】HOME
  2. > フラワーディレクターからの花だより
  3. > 燃え盛る炎のようなユリ科の植物“グロリオサ"

フラワーディレクターからの花だより

博全社のフラワーディレクターが、花をテーマにした身近に役立つ情報を月に1度お届けいたします。

2019年06月16日

燃え盛る炎のようなユリ科の植物“グロリオサ"

写真1

今月の花は『グロリオサ』を選んでみました。
グロリオサはユリ科の植物です。
個性的な形なので一見、ユリの仲間には見えませんね。

グロリオサは燃え盛る炎のような個性的な形と鮮やかな色彩が特徴です。
炎のような色彩のものが有名ですが、その他にもピンクや黄色やオレンジ色もあります。
中には黄色から次第に赤く色が変わるものもあるそうです。
色が徐々に変わる花、とてもめずらしいですね。

グロリオサはラテン語で『見事な』という意味だそうです。
花言葉は『栄光』『華麗』『光栄』です。花言葉の由来もラテン語の
『Gloriosa (見事な、輝かしい、栄光の)』からきています。
お祝いごとや贈り物に送るお花にぴったりですね。
和名では『アカバナキツネユリ』や『ユリグルマ』と呼ばれています。


写真2

今回はそのグロリオサを夏のイメージで活けてみました。
夏の暑い日差しをグロリオサの花でイメージし、清涼感を丸型の花瓶とビー玉を使って
表現しました。

いかがでしょうか。

故人様への想いを込めて1つ1つ丁寧におつくりします

0120-444-999 葬儀相談窓口 24時間365日 専門相談員が対応しますお急ぎの方へ 万が一の時の対処

契約企業・団体様向け割引のご案内


24時間365日対応

資料請求・お問合せ