1. 千葉県の葬儀社【博全社】HOME
  2. > フラワーディレクターからの花だより
  3. > チューリップは愛の花、でも黄色と黒は要注意!?

フラワーディレクターからの花だより

博全社のフラワーディレクターが、花をテーマにした身近に役立つ情報を月に1度お届けいたします。

2018年01月17日

チューリップは愛の花、でも黄色と黒は要注意!?

写真1

今回の花はチューリップを選んでみました。
チューリップは、春に様々な花色で私たちを楽しませてくれる植物の一つですね。独特の姿をした、華やかな花は、とても存在感があります。

それではまずチューリップの花言葉を紹介したいと思います。
「名声」「思いやり」「愛の告白」
チューリップの花言葉の由来は、諸説あるようで、そのうちの1つがオランダのチューリップ物語です。ある美しい女性が3人の騎士にプロポーズされたところ、選ばれなかった2人のことを考え、なんと最終的には自分が花(チューリップ)になることで3人とも幸せになることを望みました。女性は花となり、3人の騎士はその花を大切に育てたという事です。

また、3人の騎士はプロポーズの際に、王冠(名声)、剣(強さ)、財産(資産)というそれぞれの魅力をアピールしたといわれています。チューリップは、花びらが「王冠」、尖った葉っぱが「剣」、球根を「財産」を表しているといわれ、男性に愛される女性の象徴として扱われるようになったそうです。


写真2

チューリップには、愛にまつわるステキな花言葉をいくつも持っていますが、中にはネガティブな意味をもつ花色もあります。それが黒色と黄色で、黒色は「私を忘れてください」、黄色は『実らぬ恋』という意味をもちます。
ただ、ダリアが「感謝/裏切り」という相反する花言葉をもつように、花言葉自体は曖昧で、占いと同じようなものです。プレゼントに贈るとき相手が花言葉を気にするようなら配慮してあげると安心ですね。
今回のアレンジはピンクのチューリップをメインに可愛らしく作成いたしました。
まだまだ外は寒いですが春はまちがいなく近くにきていると感じれる花ですね!

故人様への想いを込めて1つ1つ丁寧におつくりします

0120-444-999 葬儀相談窓口 24時間365日 専門相談員が対応しますお急ぎの方へ 万が一の時の対処

契約企業・団体様向け割引のご案内


24時間365日対応

資料請求・お問合せ