1. 千葉県の葬儀社【博全社】HOME
  2. > お客様との物語
  3. > ご葬儀エピソード5

お客様との物語

博全社は、ご葬儀を通して、ご遺族、ご参列者の方々と様々な物語りを紡いでおります。お客様からの声を真摯に受け止め、これからもお一人お一人に、より良いお別れの時間を提供できる様、努めてまいります。

ご葬儀エピソード

エピソード5 最後も妻らしく

亡くなった奥様はお菓子づくりが趣味で、ケーキやクッキーを焼いてはご家族やご近所のお友達に配っていたそうです。「何より家族や友達の喜ぶ顔を見るのが、とても好きだったんだと思います」ご主人のお話から、明るく温かなお人柄が伝わってきました。お式の参列者は普段から奥様と親しかったご近所の方がほとんどとのこと。「温かな奥様のお人柄を改めて感じていただけるような、そんな式にしましょう」。ご主人とわたしたちはそう決めました。

式場には愛用の調理器具とよく着ていたエプロンを

式場には奥様が愛用されていたエプロンやお菓子づくりに使っていた調理器具を飾りました。そして、香典のお返しにも奥様らしく「ケーキとクッキーのセット」をご用意させていただきました。参列の方々は、思い出コーナーに飾られた奥様の品々をご覧になり、手作りのお菓子やそのときに交わした何気ない会話など様々な思い出とともに、故人を偲んでいらっしゃる様子でした。一緒にお話するご主人にも、自然に笑みがこぼれていました。「妻らしくみんなに慕われながら、送ることができました」穏やかな笑顔で、ご主人はわたしたちにそう言ってくださいました。

※エピソードはすべて実際のお話ですが、個人情報の観点から写真はイメージ画像とさせていただいております。

0120-444-999 葬儀相談窓口 24時間365日 専門相談員が対応します
  • お急ぎの方へ
  • お問い合わせ
  • 資料請求

0120-444-999 葬儀相談窓口 24時間365日 専門相談員が対応しますお急ぎの方へ 万が一の時の対処

想いをかたちに 「最後の夜は家族一緒に」「故人らしく送ってあげたい」・・・ 想いをかたちにしたお式の一例です。