1. 千葉県の葬儀社【博全社】HOME
  2. > 今月のスタッフだより
  3. > 2018年1月 若槻 安啓(45才)

今月のスタッフだより

早稲田→英留学→TOEIC990。                     知への探求心は底知れない、博全社のソクラテス。

2018年1月 更新
スタッフ写真
営業管理グループ/
若槻 安啓(45才)

 2015年入社後、営業管理チームに配属。現在8名のメンバーを率いるマネージャーに就任し、社内研修の講師も務める。雨の日も風の日も通勤は愛用の自転車“ステファニー”と。「ショートカットの似合うお嫁さん募集中です」と話す若槻さんは、英留学経験とTOEIC990点を持つ博全社随一の秀才。そんな彼が考える、人生、仕事、自身の展望とは。若槻安啓、かく語りき。

Q まずはじめに、TOEIC990点って本当ですか?

ー (笑)。本当です。20代でイギリス留学をしたのですが、30才になる手前までの約10年間、日本で留学資金を貯めて渡英して、また帰国して貯金しての繰り返し。実際にイギリスにいた期間は3年くらいですかね。せっかく英語を学んだから、目に見える物として残したくて。TOEICを受けたんです。


Q イギリス留学したきっかけって?

ー 実は大学中退してるんです。入学してみて、この環境に染まるのが嫌だなって感じて。3年間をここで過ごすのは、無駄だと思ったんですよね。大学辞めて、違う道を探そうと決めたんです。早稲田の法学部までいって、親としてはそのまま卒業してほしかったと思うんです。その両親を納得させるために、これからの時代に語学は必要だから、イギリスに留学させてほしいと説得しました。私、結構頑固なので。自分で決めたことは絶対実行する。その代り、責任はちゃんと取ります。


Q その後、博全社に入社した経緯を教えてください。

ー 留学中に出会った現地の先生に、法律を勉強して損になることはないと言われまして。もう一回法律の勉強をしてみようと思ったんですよ。帰国後、通信講座を受講して、司法試験を受験して、落ちてしまったんですが。そんな時、以前通っていた予備校の先生から、講師として来てほしいと声がかかって。10年くらいかな。英語の講師をしていました。その後義理の兄から、博全社で働いてみないかと誘ってもらったのが、入社のきっかけです。法律の知識もあったので、現在の営業管理の部署へ配属されました。


Q 「仕事」をする上で、大切にしていることは何ですか。

ー 営業管理では、互助会会員様の管理、それと法改正に伴い変更していく規制やルールを社内、特に現場の営業マンたちに伝えていくことが主な業務です。
常に意識しているのは、お客様が感じる“不安”を“不満”にさせないこと。それには、正確で素早い対応がマストです。お客様から「どうなっていますか?」と再度問合せを受けてしまったら、負けなんです。社内の問い合わせも同じです。もし時間のかかる対応なら、こまめに連絡し、状況に合わせたお手紙を出すようにしています。お客様を一人にしない事。チーム全員で、徹底して取り組んでいます。


Q 社内研修では講師としての姿が印象的ですが。

ー 互助会に関係する法律も日々変わりますので、正確に分かりやすく現場へ周知しないといけない。入社してから独自で勉強したのですが、難しい内容が多くて大変でしたね。法律の勉強をしていたので、多少助かりましたが。これから入社してくる人には、同じ思いをさせたくない。ですので、社内研修を始めたんです。月1回、ペーパーテストも配布しています。定期的に確認作業を行っていかないと、忘れてしまいますから。


Q 最後に、ご自身が抱く今後の展望を教えてください。

ー 賢くなりたいです笑。まだまだ知らないことがいっぱいありますから。もっと知識を吸収して、その知識を持って私に関わる人の手助けをしたい。知識ってあればある分だけ、自分や周りの人の助けになる。知ってて損をすることは無いですから。だから、どんな事でもいい。もっともっと学んでいきたい。今までを振り返ってみても、人生の分岐点はたくさんありましたが、どちらの道を選んでも、その先は繋がっている。たくさん寄り道はしましたけどね笑。けど、そのおかげで色々な知見も経験も増えたし、後悔はありません。自分が選択して、自分で作ってきた道ですから。
これからも“寄り道”が“知への道”なんだと思います。

0120-444-999 葬儀相談窓口 24時間365日 専門相談員が対応しますお急ぎの方へ 万が一の時の対処

契約企業・団体様向け割引のご案内

24時間365日対応

資料請求・お問合せ