1. 千葉県の葬儀社【博全社】HOME
  2. > 料理長からの食材だより
  3. > 「中秋の名月」十五夜

料理長からの食材だより

博全社の料理長が、千産千消をテーマに千葉の食材の役立つ情報をお届けします。

2017年10月15日

「中秋の名月」十五夜

写真1

今月は「中秋の名月」十五夜についてお話します。
十五夜とは、実は満月のことなのです。
満月は、1年に12回あります。何故満月を十五夜というのでしょうか。
月は満ち欠けを繰り返していますが、新月から満月になるまで約15日かかるそうです。
そこから満月を十五夜と呼ぶようになりました。
この満月は「十五夜」「お月見」「中秋の名月」と呼ばれ、平安時代では貴族が満月を見て楽しんでいたようです。
江戸時代には秋の収穫に感謝する祭りとして庶民に親しまれるようになり、農家の夏の作物の収穫が終わり稲刈りをするまでの少し手の空く時期に豊作を祈る宴を行っていたことが「お月見」の始まりとされています。
また、イモ類の収穫祭として「中秋の名月」を「芋名月」と呼び暦の関係で必ず仏滅になります。


「お月見」に欠かせないのが「お団子」と「すすき」です。
江戸時代の頃は、秋に収穫された里芋などをお供えしていたそうですが、途中から米粉で作ったお団子もお供えするようになりました。
このお団子は収穫への感謝を表し、お供えした後のお団子を食べることで健康や幸福がもたらされると考えられたそうです。
すすきは稲穂に似ていることから、お米の豊作を願って飾られます。
地域によってはその他に萩を飾るところもあります。萩は神様の箸の意味合いもあり、神様が萩を使ってお団子を食べるという説もあります。
現代でも、この時期は芋類や茸類などの秋の味覚を楽しむことと合わせて、「食欲の秋」といわれるようになっています。

会食室での時間が、ご遺族、参列者にとって故人について偲び、語らう、やすらぎのひとときとなるように。想いをこめたお料理を皆様にお届けいたします。

0120-444-999 葬儀相談窓口 24時間365日 専門相談員が対応しますお急ぎの方へ 万が一の時の対処

契約企業・団体様向け割引のご案内

24時間365日対応

資料請求・お問合せ