1. 千葉県の葬儀社【博全社】HOME
  2. > フラワーディレクターからの花だより
  3. > ふわふわで可愛い!「テマリ草」の楽しみ方

フラワーディレクターからの花だより

博全社のフラワーディレクターが、花をテーマにした身近に役立つ情報を月に1度お届けいたします。

2020年08月16日

ふわふわで可愛い!「テマリ草」の楽しみ方

写真1

今月のお花はテマリ草です。
テマリ草は緑色のマリモのような花です。
ふわふわとかわいらしい姿から「グリーントリュフ」とも 呼ばれています。 開花時期は5月~7月の暖かい季節で、直径3㎝ほどの球状の房が開花します。

夏の高温多湿が苦手で暖かくジメジメした地域では育ちにくい植物です。そのため、厳しい夏の暑さを乗り越えられずに枯れてしまうケースが多いとされています。
一方でテマリ草の切り花は他の生花と比べ日持ちするためすぐに枯れる心配はありません。
実はテマリ草はナデシコ科の花の仲間です。テマリ草の緑でふわふわとしている部分は本来ナデシコにあった花弁・おしべ・めしべが変異したものです。そのため花が咲いたりしおれたりすることはなく、枯れていきます。

ナデシコのような花は咲きませんが、葉や茎はナデシコとよく似ています。 また、秋~冬にかけて茶色系に着色したものも出回ります。ちなみに他のナデシコ科の仲間にはカーネーションやカスミソウなどがあります。


~お花を長持ちさせるには~

花びんなどに生けた場合は茎の部分についている葉はきれいに取り除き、こまめに水替えをしてぬめりを取ることが長持ちさせるポイントです。
鉢植えの管理のポイントは、乾燥に強いため水の与えすぎには注意してください。
日当たりのいいところで管理し、真夏は風通しのよい半日蔭~日陰で管理してください。


写真2

~花言葉~

花言葉は「純粋な愛」「思慕」「才能」です。
テマリ草の元の品種である「ビジョナデシコ」の花言葉は「純粋な愛情」「細やかな思い」ですが遺伝子だけでなく花言葉も受け継いでいるところにロマンが感じられますね。

故人様への想いを込めて1つ1つ丁寧におつくりします

0120-444-999 葬儀相談窓口 24時間365日 専門相談員が対応しますお急ぎの方へ 万が一の時の対処

契約企業・団体様向け割引のご案内


24時間365日対応

資料請求・お問合せ